自由制作+サウンド+HTMLページへの埋込み

Time-stamp: "2011-01-06 Thu 10:05 JST hig"

サウンドを使おう! --BGM

  1. 自分で用意したサウンドファイルを使用することもできますが, ここではFlash→ウィンドウ>サンプルライブラリ>サウンドに収録されているものを使用しましょう. ひとつを選んで, ライブラリにドラッグして登録します.
  2. タイムライン上のフレームをひとつ選んで選択します
  3. プロパティのサウンドでサウンドを選択します

サウンドを使おう! --イベントサウンド

  1. 上と同様に, ライブラリにサウンドを用意します.
  2. サウンドのプロパティで, 識別子名(例としてsample_soundとしましょう)を指定して, ActionScriptに書き出します.
  3. ActionScript側からは, まず最初に一度だけ次のように用意します.
    var a:Sound = new Sound();
    a.attachSound("sample_sound");
    a.setVolume(30);
    
    そして, 何かが起きたときに再生されるように, イベントハンドラに次を書きます.
    a.start();
    

課題

ブロック崩し零号機で, BGMと反射音を入れよう.

WebページでのHTMLとFlashの共存

Flashはフルスクリーンで再生(インタラクティブモード)するだけでなく, HTMLで書かれたWebページの一部にはめ込む(インラインモード)こともできます. ただしこの場合にはマウスやキーのイベントは受け取れず, 再生するだけになります. それにはobjectタグを使って次のように記述します(NTT docomoの場合). 次のhtmlファイルをWebブラウザでアクセスしてみましょう


<html>
  <head>
    <title>my test page</title>
    <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />
  </head>
  <body>

    <h1>Flashのインライン再生</h1>

    <object data="movement.swf" type="application/x-shockwave-flash" width="240" height="280">
    <param name="bgcolor" value="#FFFFFF"/>
    <param name="loop" value="on"/>
    <param name="quality" value="high"/>
    </object>

<p>何個でも入れられる</p>

  </body>
</html>

このサイトのコンテンツ

QRcode to hig3.net

http://hig3.net